メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

あるピアノ愛好家が人生で出会ったもの・考えたこと

イネガル(inegales)の思い出

※イネガル(inegales):記譜上では均等に書かれている2音を、一方を長く、もう一方を短く演奏する弾き方(wikipediaより)

初めてこのイネガル(inegales)と出会ったのは、ジャズピアノのCDを買いあさるよりずっと昔、クープランやラモーをピアノで弾いてみようとしたころよりもさらに昔の、大学3年生くらいの時であった。
このころの私は、クラシック・ピアノのCDを収集するだけでは飽き足らず、弾けもしないのに楽譜まで買い漁り出していた。そしてとうとう街のヤマハだけでは物足りなくなり、ついに都内の某大型楽譜店へと足を踏み入れたのだった。
(今思い返せば、人々が実店舗に足を運んでCDや楽譜を買っていた最後の時代だった)。

さて、初めて尋ねた某楽譜店では、その輸入楽譜の在庫の量に圧倒されると同時に、さっそくコレクター魂を刺激された。
そこで、綿密に収集計画を立てるべく、まずは取扱楽譜のカタログを入手して、あとはざっと見て帰ろうと思っていた。

ところが…、
ふと、一冊の水色の楽譜に、目が釘付けになった。

「フリードリッヒ・グルダ:ピアノ作品集」

なんと魔力を秘めたタイトルだろう!
しかも、目次をめくるとそこには"Play Piano Play"が収録されているではないか!

この曲は、グルダ自身の演奏が有名な、10曲からなるジャズテイストの練習曲である。当時の、カプースチンが本格上陸する以前のクラシック・ピアノ界にあっては、ジャズっぽい作品を弾きたいと思ったときに憧れの曲集であった。

私は胸躍らせて、1番の音楽を頭の中で鳴らしながら、ページをめくった。
しかし、そこにあったのは、当然ついている筈の付点がついていない只の八分音符と、inegalsの指示表記だった。

これが、イネガルとの初めての遭遇である。

ちなみに、グルダは同世代の独墺系ピアニストの中でもメカニックの完成度が抜きんでて高かったと思うのだが、私が初めてそれを実感したのは、有名なベートーヴェンソナタ全集ではなくて、この"Play Piano Play"だった。
そして当時の私には、同曲集の快速なナンバーを弾けるような技巧を持っておらず(今だってあやしいが...)、それでもスローなバラード調の3番だったら弾けるのではないかという淡い期待とともに譜面をめくった。

しかし、ページを開けて私は絶句した。
そこで私が目にしたものといえば、音符が書いてあるのは主旋律のみで、後はコードネームがふられているだけの譜面ヅラだった。
ようは、伴奏は演奏者が自由に創れということなのだろう。しかし音符を読んで指を動かすピアノ教育しか受けていない私には、まったく歯が立たない代物であった。

「ああ…」

落胆した私は、遠い方向に目をやった。
廊下の向こう側に、ジャズ・ポピュラー音楽のコーナーのおすすめ書籍が並べてあるのが目に入った。
『コード進行入門ブック』
『ピアノで覚えるコード進行』
サルでもわかるコード進行』
...
まるで、これらの書籍を一緒に買って勉強せよと言わんばかりの品揃え…。

「こっ、これはグルだ…!」

と、そのとき私が呟いたかどうかは、定かではない...。

初めてのバッハ…

以前にもどこかで書いたのだが、子供の頃受けたピアノレッスンでは、バッハを一切やらなかった。
それなので、初めてバッハの音楽に触れたのが、これだった。
まだ小学生の頃だったと思う。バッハとは知らずに聴いていた。

www.youtube.com

少し大きくなってCDを買い漁るようになり、フランス組曲全集の中にこの曲を見つけたときは、嬉しかった。

www.youtube.com

ミスタッチで思い出した事

お聴き頂ければ判るように、弱い音で弾いているときに、音が抜けてしまう事が良くある。

ようは下手なだけなのだが…。(^^;


苦しい言い訳としては、違う音を弾いて濁ってしまったり、あるいは不用意な音量で鳴らしてしまうよりはマシだと思っている。

 

伝えようとするものが明確にあれば、ひとつくらい欠けていても、イメージは喚起される。


つまり、こうだ。


が抜けて

くなってしまっても

きは届く

 

http://stat.ameba.jp/user_images/20091222/14/zingdaijyuji2/06/5c/p/t02200348_0476075410349203024.png

めぞん一刻 - Wikipedia

ピアソラ:タンゴ・ウルティモ

ネイティブが作曲したご当地舞曲(5/7)~ピアソラのタンゴ!

果たしてピアノソロが原曲なのか、それとも別編成になるはずだった構想スケッチなのか不明な、見開き2ページの小さなタンゴ。
一時期あれほど流行ったピアソラなのに、この曲に関しては、ほとんど録音が見当たらない…。


バンドネオンで演奏している動画。濃厚な味わい!


ふたつのキーボードの間で

ここ数日、いうことをきかない2つのキーボードの間を行ったり来たりしている。
ひとつ目は、新たに購入したPCへの乗り換えで、もうひとつは言うまでもなくピアノだ。

最初のやつで苦労している最大の原因はOSで、前回までWindows8だったのがWindows10に変わったためだ。これに伴い、使い慣れていたいくつかのソフト(EXCELとか😭)の一部の機能が有料化したりして使えなくなり、同種の別ソフトに乗り換えないといけない。
これらのソフトは、そんなに使い込んでいたわけではなく、新しいほうも最近のはユーザーインターフェースが良いため、そういう意味では苦戦という程でもないのだが、何というか、いつもの画面の風景が一新されてしまって私の過去の一部が消えてしまったような損失感があり、苦痛を感じる。

これに引き換え、もうひとつの100年前に完成された型のやつはどうだろう。一番古い"ソフト"はハノンで、幼稚園卒園の前後に買ったやつをいまだに使っていて、これを眺めていると卒園式の事を思い出す。当時「スチュワーデス物語」が流行っていて、式のBGMがこれの主題歌のピアノ編曲だったなぁ…とか。。。
そのあと小学生になってからは、ブルグミュラーツェルニー30番ソナチネアルバムは無くしてしまい、後年に買いなおした)。それから、中学・高校生の頃に買い集めたCDの数々、二十歳前後で弾けもしないのに記念買いした幾つかの楽譜。これらは今もピアノ部屋にあって、手に取ると、当時の記憶の断片が頭の中によみがえってきて、思い出迷子を楽しむことができる。

どうも、自分がピアノの趣味を続けるモチベーションのひとつが、この"現在の自分が過去と陸続きなことを再確認するため"であるような気がしてならない…。

オマージュ⇒その後…

あのあと

2時間くらいして

PCが壊れました…

。・(つд`。)・。


休止モードから再立ち上げ時に、謎のアップデート画面になり、終了後にブラックアウト⇒起動してもハードディスクが一切まわらず…😭

必要最低限のバックアップはとっていて、先週までの録音は無事だったのだが、直前にあげたモーツァルトの高音質の原録画と、2時間かけて途中まで書いた楽譜を消失してしまった😭

しかし、ついさっきまで普通に動いてたのが、いきなり壊れるなんて…。

いつまでも、有ると思うな、
親と金と、PCと、ピアノが弾ける環境!

オマージュ&リスペクト

本当は、今週末は9週間後にアップロードする見込みの曲(←録り貯めが8週間分ある)を録音する予定だったのですが…、いちファンとして、やはり別の何かを演奏して表敬しようと思い、候補をいろいろ考えましたが…。

(1) バッハ
すぐに弾けるもので、相応しい曲が見つからない…(T-T)

(2) これまで発掘されてアップロードされてこらた曲のうちから何か一曲
これを真剣に考えたのですが、自分が掘り起こした曲が他の弾き手によって演奏されるのって、どんな気持ちになるだろう??と考えると、結局なんとも言えず…。

このまま惰性で週末に流れ込む感じでした。

そんな昨夜、布団の中でスマホをいじっているうちに、あるアイデアが浮かんで跳ね起きました。

夜間練習用のキーボードを使いながら編曲(という程たいした事をしていませんが…)するのに1時間くらいかかりました。

今朝、譜面におこそうと思って楽譜ソフトと2時間格闘しましたが、どうしても上手く書けない箇所があり…、諦めて原曲の譜面をIMSLPから印刷しました(なので、譜面が小さすぎてタイとスラーの違いが良く見えませんでした…涙)。
15分くらい練習したあと、もういいや…で録音を始めてしまい、4回目でようやく止まらずに最後まで通せたのがこれで、いつもにもましてボロボロな演奏です。(T-T)

私は、かの一連の録音と出会うまで、編曲物の演奏は原曲を演奏するのに比べて音楽の純度が劣るという偏見を持っていました。
だから、いちファンとして敬意を表するのに、これが一番ふさわしいと思いました。
(実は前述の録り貯めの中に自編曲が一作含まれていて、それで"なんちゃって自編曲デビュー"しようと画策していたのですが、フライングしてしまいました…)。


オトナのピタゴラスの定理

【定理】
(レッスン)^2 +(コンサート)^2 =(家庭)^2

【解説】
レッスンを受けに行くジジョウで会社を早退する場合と、
コンサートを聴きに行くジジョウで会社を早退する場合は、
併せて「家庭のジジョウ」として上司に説明される。 (^_^;

地位財と非地位財

会社で、お昼休み時間にネットで読んだ記事で興味深かったキーワードを自主的にコピペしているエクセルがあるのだが、その整理をしていて、この言葉に目がとまった。

地位財=他人との比較優位によってはじめて価値の生まれるもの

非地位財=他人が何を持っているかどうかとは関係なく、それ自体に価値があり喜びを得ることができるもの
(私が当時読んだ記事はこれ⇒https://president.jp/articles/-/24287

これをピアノの練習に当てはめてみたら、面白いのではないか!?

地位財ピアノ
・同級生の○○ちゃんよりも上手になりたい。
・コンクールで優秀な成績をおさめたい。
・この練習曲さえ終われば、私も晴れて上級者だp(^^)q

非地位財ピアノ
・憧れのこの曲が、ほんの一部とはいえ自分の指で鳴らせるのが楽しい。
・昔は動かなかった指が、動くようになって楽しい。
・ピアノも人生も、手持ちのリソースをやりくりして目先の無理難題をどう解決するか悩むプロセスにこそ、楽しみがある(T-T)

こんな感じになると思うが、どうだろう。

そして、このビジネス記事は、地位財から継続的に幸福感を引き出すのはたいへん(コストがかかる)という展開になる。

ピアノの場合にもそう結論付けるのは、少々短絡的だと思うけれども…。

L. クープラン アルマンド ホ短調

ネイティブが作曲したご当地舞曲(4/7)~フランス人によるアルマンド

1年くらい前にアップロードした前奏曲ホ短調の続編。

拍をinegalでとった演奏を付け加えるべきだったかもしれないが、参照盤のEgarrの演奏が等拍でとっているのと、inegalで弾く演奏そのものがあんまり好きじゃないので却下で…。


 

煙草ジョーク(ピアノ版)

A:煙草吸ってもよろしいですか?

B:どうぞ。ところで一日に何本くらいお吸いに?

A:ふた箱くらいですね。

B:喫煙年数はどれくらいですか?

A:10年くらいですね。

B:なるほど。あそこのヤマハショールームの中に、グランドピアノが見えますね。

A:見えますね。

B:もしあなたが煙草を吸わなければ、 あれくらい買えたんですよ。

A:…あなたは、ピアノを練習した事が、おありですか?

B:いいえ。

A:私はあれを上手に弾きこなす夢を10年前に諦めたので、人生に煙草を楽しむくらいの余裕ができたのですよ。

🚬

ショパン:マズルカop.68-3

ネイティブが作曲したご当地舞曲(3/7)~ポーランド人によるマズルカ

ショパンマズルカに初挑戦!という事で、一番簡単という噂の曲を弾いてみた。

【テイク1】
いち聴き手としてショパンの音楽に熱をあげていたのは中学生の頃だったが、唯一マズルカだけは全く受け付けなかった。独特の不協和音と、前のめりのようなリズムetc.ポーランド人でなければ入りがたいような壁を感じていた。

それから20年経って、二つの録音:フレデリック・チュウとフー・ツォン(新録音の方)を聴いて、ショパンマズルカが民族舞踊の枠を超えて捉えられることを教わった。それ以来、いつか弾いてみようと思ったまま寝かせていた。

今回弾くにあたって、極力マズルカらしくない演奏になるように心掛けた。

【テイク2】
…しかし、そんな私も島国民族の日本人。「誰もそんな風に弾かないよ」という無言の同調圧力を感じる習性からは逃れられず、、、本場ルービンシュタインとC.ステファニスカの全集を聴き直して、マズルカ本来の姿も少々勉強した。。。
そんなわけで、いちおう普通にも弾けるよって事で、なんちゃって~で弾いてみた。あらぬ前打音を間違えて弾いてしまったり、左手の和音が抜けてしまったりしているが…。


音楽療法最終日

今日から普通の食事。午前中は会社に出て、午後から診察を受ける。
経過が良好との判断で、血液検査もやらず処方箋も出ず、午後3時時前に帰宅してピアノ弾き放題😄

【12000ページ譜読み計画】

・ラモー:新クラヴサン組曲よりファンファリネット、意気揚々、ガヴォットの第2ドーブルまで
 ファンファリネットの親密さが素晴らしい。

ガーシュイン=ワイルド:オー・レディ・ビー・グッドの最初の4ページ
 ジャズっぽい響きがたまらなく魅力的。

ラフマニノフ前奏曲op.32-7,8
 7番は譜読みが楽だった。8番は傑作。

シューマン:幻想曲op.17-1楽章の最後3ページと2楽章の最初2ページ
 1楽章は無謀な個所無し。シューマンはひたすら大きい手を求めてくる。

そして時間があるので…
・ブクステフーデ:フーガBuxWV.174、組曲BuxWV.226,235
 オルガン作品の譜読み曲で最後に残ったフーガを読んで完了した(このフーガはいまいち)。
 さらに、読むかどうか微妙だった組曲を試しに弾いてみたところ、激はまりしてしまった。素晴らしい!ひと組曲で4ページという簡素な作品なのに、書く人が書くと、はっきりと偉大なるものが入る…。チェンバロの演奏で聴いた感じでは、ゲオルグベーム組曲の方が面白いと感じていたのだが、やはり自分の指で触ってみないと分からない!

【その他】今日はショパンの10-2を練習した後、引き続き録音予定曲を試し録音して、O.K.テイク水準のが録れてしまった感じ…。

音楽療法4日目

今日も毎食お粥を食べる。普通の休日と同じように息子の遊び相手に復帰した😅

椅子の高さローテーションが一巡し、今日から低い椅子。
【12000ページ譜読み計画】

ショパン幻想ポロネーズ10-14ページ
 今のところ技術的に無謀な所は出てきていない(右手の重音トリルがやや難しいが…)。

・フランク:前奏曲とコラールとフーガの最後の5ページ
 これも、やや特殊な運指があった。

バルトークルーマニア民族舞曲1-4番
 弾いてて楽しい。

・バッハ:パルティータ1番のプレリュードとアルマンド
 普通のピアノ好きは、アルマンドのテンポをリパッティもしくはグールドの速さで記憶していると思うのだが、触った感じでは、実はそんなに速く弾くもんじゃないのでは?と思った。手元の音盤を確認したところ、レオンハルトが結構遅めで弾いていて、個人的にこれくらいの方がしっくりくる。

【無謀曲視奏】
ショパン:練習曲op.10-4の3ページ目から最後までと、op.10-5

黒鍵のエチュードが意外に弾きにくい…。

【その他】ショパンの10-1を練習した後、録音予定曲を試し録音して、どんな感じか確認した。