メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

フレスコバルディ:ガイヤルド2番(トッカータ第2集より)

現在のクラシック・ピアノ界が忘却している最大の作曲家。

youtu.be

グールドのモーツァルト:ソナタ全集(CBS=SONY)

久々にグールドのピアノでK.545を聴いた。
私も馬齢を重ねたせいか、グールドが志向していたものが、何となくわかるような気がする。
1楽章を普通に読むと、まずピアノ協奏曲27番K.595の1楽章の第1主題を連想するような第1主題がピアノ(強弱記号ではなくて楽器の)で出てきて、その後協奏曲ではオケと掛け合いながらの展開が続くところを、僅か数小節の、Vnのきざみを連想させるスケールで代用して終始させる。

これをグールドの演奏で聴くと、冒頭からピアノがピアノであることを否定していきなり弦楽合奏として入ってきて、合奏のままスケールに入る。
こういう個所が至る所にあり、例えば次の第2楽章の冒頭の弾き方も、明らかにピアノではなく弦楽奏を模している様に聴こえる。

つまるところグールドは、モーツァルトソナタ中でピアノがピアノの役割をする部分、主観的に言い換えると、モーツァルトの中に1/3くらいある、ドイツロマン派につながる核の部分を極小化して音楽を作っている。

(これは、確かグールドが、モーツァルトは作風を初期のまま固定化すればよかったのだ!みたいな論を持っていたという話と共振する)。
しかし、モーツァルトの曲は、そのようにも読めると思うのだ。
この、当時のイタリアあるいはフランスの様式を前面に感じさせる演奏スタイルは、モーツァルトの持つドイツロマン派の側面を表に出した演奏と同じだけの説得力があると、私は思う。

ソナチネ・アルバム問題

昨日は私自身の運指能力の低さに自己嫌悪に陥っていたのだが、録ったものを今朝あらためて聴き直し、ちゃんと弾けていないだけで、悪くないと思うようになった。

ところで、全音版を見ながら弾いたものでは、スラーをいくつか取っ払ってしまっているのだが、この教育用普及版に付加されている音楽記号に従って音楽を肉付けしていくと、もともとロマンティックな演奏が好きな私でさえ重すぎると感じるような音楽になってしまう。

いまメトードローズをやっている息子が、このまま順調にいけばあと数年でこのソナチネアルバムに入る事になるのだが、果たして親としてどうすればよいのか悩んでしまう。

息子の先生は恐らく、教育用普及版を使用されるはずである。
ここは親として、原点版でレッスンして下さるようお願いしようか?
(意識高い系!?)
しかし原点版に音楽記号がほとんどないのは、演奏者が「ある程度あなたの思うようにやって良い」と委託されているようなものなので、初心者が使うべきでは無いとも思うのだが…。

どなたかが、こういう版を創らないだろうか…。
ソナチネアルバム校訂版(ドイツ風アーティキュレーション
ソナチネアルバム校訂版(イタリア風アーティキュレーション
ソナチネアルバム校訂版(フランス風アーティキュレーション

クーラウ:ソナチネop.20-1~1楽章

最初の5曲にブルグミュラーを入れたので、次の5曲の中にはソナチネを入れようと思って、先ずクーラウのop.20-1の1楽章を選んだ。

手元に全音普及版が有るのだが、校訂者による音楽記号のうち納得いかないものを消してしまおうと思い、IMSLPにあった原典版から採譜されたと思しきファイルを印刷して参照し、いくつかのスラーを消して弾いてみた。

何度か試したのだが16分音符のスケールのタッチが揃わず、気分を変えてみようと思い、印刷した原典版を譜面台に置いた。
譜面からくる印象を忠実に音化していったところ、かなり別の演奏になってしまった。

残った時間を使って両方を折衷するような弾き方(かつ、整った16分音符)を試みたのだが、失敗に終わった。

そこで、不完全な演奏ながら両方をアップロードする事にした。

youtu.be

youtu.be

 

次の5曲

半月前、自分の演奏したものをyoutubeへアップロードする事を思い立った時点では、1週間に1曲くらいのペースで、とりあえず5曲上げてみようと思っていたのだが、やってみるとこれが大変に楽しくて、あっという間に2週間で終えてしまった。

自分の弾いたものをあらためて聴き直してみると、演奏能力の低さに恥じ入るばかりだ。特にペダリングが雑で、これは言い訳だが、狭い室内なのに豊かな響きを作ろうと試みて、むしろ音を濁してしまっている。

日々チェックしているロシア奏法の先生のブログの中の話で、自分の響きに飽きてしまった生徒さんの事が出てくるのだが、私も、自身の特にブルグミュラーを聴き返していると、この生徒さんの思いに共感できる。

そこで、次にアップロードしてみたい作品を5つ、『様式感』をテーマにして選んでみた。ロマンティックな気質を抑制しないと崩れてしまうと考えている5曲である。

ところで、昨年末から始めた譜読み12000ページ計画が進行中で、録音用の曲の練習に割ける時間は平日に各5分と土曜日に1時間しかない。

そこで、選曲のポリシーとして

・手持ちの楽譜で2ページ以下

ルネッサンスバロックが半分、古典~近現代が残り半分

・弾いた事のある曲が半分、初めての曲が残り半分

・知られている作品が半分、埋もれている名作が残り半分

を目安にして決めている(実は、最初にアップロードした5曲もこれで選んでいる)。

今度こそ、演奏の質を維持するためにも、1週間に1曲のペースで録音していこうと思う。

広告を非表示にする

パデレフスキとチャップリン

毎日更新チェックする巡回ルートに入っているブログで、書き手のkazさんがパデレフスキの事を書かれていたのを読んで、ふと思い出した。(愛国者として、ピアニストとして・・・ - ピアノのある生活、ピアノと歩む人生


それは映画『独裁者』のワンシーン。

チャップリン扮する独裁者ヒンケル(いうまでもなくヒトラーの模倣)が、まさにオスタリッヒ(オーストリア)を併合せんともくろんでいる時に、次なるポーランド侵攻の思いを胸に秘めて(!?)ピアノに向かって弾いているのが、パデレフスキのメヌエットなのである。

ヒンケルは、メヌエットのテーマの部分を、かなり崩して弾いていた。

このシーンを初めて見た時、映画の細部にまでこだわりを入れるチャップリンに驚いたものだった。

バッハ:"いと尊きイエスよ、われらはここに集いて"BWV.706-2(第2バージョン)

実は昨日に小前奏曲と一緒に録画したのだが、いかにも付け焼刃な気がして、聴き返していて遅くなってしまった。

バッハのオルガン・コラールのうち、手鍵盤用に書かれたものはピアノで演奏するに値するのではないか?と前々から思っていた。

ピアノ演奏によるCDなど出ていないので、こうして自分で弾いたものを客観的に聴いてみるのだが、うーん、果たしてどうだろうか…。

youtu.be

バッハ:小前奏曲ハ長調 BWV.924

ロマンティックなバッハ。

昔習っていた先生に、古楽時代考証の成果を踏まえた最新の様式で弾くように修正されたのだが、結局この弾き方に戻ってしまった。

こういう演奏を持っていったら、ほとんどのピアノの先生は、怒るだろうなぁ(苦笑)。

youtu.be

ケンプ:イタリア組曲op.68より「悲歌」

youtu.be

人がピアノを弾いて何ができるかという事のほとんどすべてを、ケンプの遺された録音から教わりました。心からの感謝と敬意をこめて。

 

ブルグミュラー:「牧歌」

www.youtube.com

ちょっと人工的な感じの「牧歌」。

好きな作品の次点は「コンソレーション」と「舟歌」なのだが、

「コンソレーション」をさらってみたところ、いまいち上手く弾けなかった…。

ブルグミュラー:「素直な心」

ツェルニーの100倍好きだったブルグミュラー

25の練習曲の内の数曲は、練習曲の枠を超えて美しい作品だと思う。

 

あまり素直じゃない「素直な心」

昔は素直だった心!?

 

www.youtube.com

 

 

 

ピアノ弾きとしてのプロフっぽい事

・将来音楽の道に進む人たちと同じ教室でピアノを習っていたのが、4歳から小学校いっぱいまで。


・しかし、レッスンはすべてアップライト。


・レッスンは好きではなく、できのよい生徒ではなかった。全部弾いたのはバイエルのみ。ブルグミュラーが半分くらい。ツェルニー100番は20曲くらい。ソナチネが数曲。最終楽歴?はツェルニー30番中退。右手の指の独立と、読譜力に大きな問題を抱えたままレッスン終了する。


・ピアノが好きになったのはレッスンをやめて中学生になってから。しかし弾くよりもCDを聴く方が主流であった。


・大学入学後に、意を決してレッスン再開するが、右手の指が回らないのはもう諦めるようにと(その代わり持っている能力を伸ばせと)当時の先生に諭される。


・その後、20歳台後半に、仕事の関係で5年ほどろくに練習できなかった期間が有り、みるみる衰えていく指に深く悩んだ時期がある。

 

・40にして指従う、ではないが、右手の指が左手なみに動くようになったのは、ほんの最近。

 

・自己認識として、私はアマチュア・ピアニストですらなく、ピアノが弾けるようになってしまったピアノ偏向のクラシック・オタクだと思っている。

日曜大工ならぬ日曜ピアニスト

昔から、観客の前で演奏するのが苦手であった。
あがり症なのでガチガチに緊張するし、初めての楽器&初めての音響なので、音のコントロールができない。

しかし録音マイクが怖くなくなった今、家のピアノでなら、拙いながらも自分でそれなりに納得できる程度の演奏を、結構良い音で録画できるようになった。

そこで、清水の舞台から飛び降りるつもりで、幾つかの録画をyoutubeに投稿してみようと思う。

もし私のピアノ演奏能力が今後も順調に上達していきそうなら、世に忘れ去られ、あるいは軽く見られている作品で個人的に素晴らしい思うものの中で、私の手に収まるものを、少しづつアップロードできればと思っている。

夢の続き または スマホ乗り換え奮闘記

半年ほど前に、息子と縄跳びをしていてスマホを落としてしまい、カメラ機能が駄目になってしまった。

それでも我慢して使っていたのだが、今度は1週間前に石の床に落としてディスプレイを割ってしまい、完全に壊してしまった。

シャープのスマホだったのだが、さっそく後継機種に乗り換えた。

こうして、動画がとれる環境が半年ぶりに戻ってきた。

試しに自分の演奏を録画してみたところ、以前は録画されるだけでもガチガチに緊張していたのだが、すんなりと弾く事ができて、これは良い記念動画がとれたと喜んだ。

ところが!

再生してみると、以前のスマホでとった動画と比べて、遥かに音質が悪くなっていたのだ!

これにはがっかりした。

その後、録画の音質を上げるために、外付けマイクなどを色々と試してみたのだが全部だめであった。

結局、諦めきれなかった私は、以前のスマホと全く同じ機種のSIMフリー版を衝動買い買いしてしまった!

こんな変な理由でケータイ3台持ちしている人間も、珍しいのではないかな?

ガラケー:大手キャリアのもの。通話専用

スマホ1(新機種):格安SIM。webブラウジング

スマホ2(旧機種):録画専用

今日、旧スマホの買い替え機が届いた。

早速録音してみた。

やはり、とても良い音で録れる。

フジ子ヘミングさんのリスト:ラ・カンパネラ他(Victor)

実はこの話題のピアニストを今まで聴いた事が無く、図書館にCDが置いてあったので初めて聴いた。

印象としては、この録音に関していえば、巷で叩かれているよりも、ずっと上手い。

一聴してまず感じるのは、これは色々なところで言及されている事だが、タッチが美しい。基音の打鍵は浅いが状況に応じて深くまで弾き込むような打鍵で、私にはルービンシュタインやボレットに似ているように聴こえる(ひょっとすると、長年師事していたというクロイツァーをステレオ録音で聴く事ができたなら、そっくりなのではないか!?)。

もっとも、これまた色々なところで言及されているメカニックの危うさが散見されるのもまた事実で、これが実演でどれくらいまで崩れるのかは、想像するしかない。

演奏を聴きながら、私は、ふと幾つかの事を思い出した。サン=テグジュペリの「大聖堂は石材の総和とはまさに別のものだ」という言葉。あるいは、昔ウゴルスキ旧ソ連最後の"発見された"ピアニストとして華々しく世に出た時、あの程度に弾ける人ならソ連には山のように居るという意見があった事を。

思うに、大聖堂を構成する石材(技巧や、音色もだ)を疎かにする事はできないが、大聖堂の価値を石材の質のみによって判断するのも慎まなければならない。

この演奏は、土台の部分には危うさが有るかもしれないが、建物としては、70歳になろうという音楽家が示した、ひとつの境地のようなものが刻印されていると思う。