メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

ピアノ音楽の源流探索2017~フローベルガー

フローベルガ―(1616-1667)

・楽譜(ISLMP):

http://imslp.org/wiki/Orgel_und_Klavierwerke_(Froberger,_Johann_Jacob)

・音源:Egarrがグローヴレーベルの録音した全集のうちvol.1と2で聴いている。

纏まった曲集として、フェルディナント3世に捧げられた曲集"ウィーン写本"の第2巻と第4巻が非常に良くまとまっていて、全部読んでみたいと思った。

一般的には組曲形式の創始者と言われているが、これらの写本を俯瞰してみると、鍵盤作品において師フレスコバルディが型破りなやり方で発展させた楽曲形式を、各楽曲の様式を厳密に整頓した形でまとめ上げてる印象を受ける。

まずウィーン写本内に12曲あるトッカータは、最初に調の和音で始まるあたりはメルーロの作風に回帰?している感があるが、その後の展開の自在さはフレスコバルディを継承している。全体としてみると師の作品のような即興的な要素が少なく、古典的である(おそらく、ずっと演奏しやすい)。

一方フレスコバルディがカプリッチョで到達した、対位法的に展開された拍の違う複数の曲を接合したような楽曲は、長い音価で書かれた主題のものをファンタジア、より短い音価の主題による曲をカプリッチョとして書いているように読める(一方フレスコバルディのファンタジアは、後年のカプリッチョのための雛型のように感じる)。

リチェルカーレおよびカンツォンは、同じく対位法的に展開されるが単一の曲(フーガに近い)である。長い音価で書かれた、やや晦渋な主題のものが前者、より短い音価による世俗的な主題の曲が後者であろう。

ピアノ音楽の源流探索2017~イベリア半島の作曲家

セイシャス(1704-1742)

・楽譜:かの谷戸基岩さんの編纂によるソナタ選集が春秋社から出ていて24のソナタが収められている。

・音源:アーニャ・アレクセイエフというピアニストが弾いた盤がMARQUISレーベルにある。

ニ短調ソナタ("80のソナタ”の27番)が有名だが、私はヘ短調ソナタ("80のソナタ”の42番)のほうがピアノ向きに書かれていると思う。

 

アルベロ(1722-1756)

・楽譜:IMSLPにはマニュスクリプトしかない。

http://imslp.org/wiki/30_Keyboard_Sonatas_(Albero,_Sebasti%C3%A1n)

私が使用しているのはこれ

https://www.amazon.co.jp/30-Sonatas-Harpsichord-Sebastian-Albero/dp/1329660285/ref=sr_1_fkmr0_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1498050025&sr=1-1-fkmr0&keywords=albero+sebastian+score

・音源:私はピュイグ=ロジェのピアノによるソナタ18番の演奏でこの作曲家の事を知った。Hungarotonからハープシコードによるソナタ全集のCDが出ているのだが、奏者の名前が読めない…。

ソナタ18番以外にも優れたソナタが幾つか有り、個人的には世に真価を問うてみたい埋もれた作曲家である。

 

ソレール(1729‐1783)

・楽譜(IMSLP):ルビオ番号で全120曲分が10冊ずつ分けてアップロードされている。最初の10曲:

http://imslp.org/wiki/Keyboard_Sonatas%2C_R.1-10_(Soler%2C_Antonio)

・音源:大ピアニストではラローチャがEMIおよびDECCAに録音した新旧の両録音があるが、私はHinrichsというピアニストがEMIに録音した演奏を気に入っている(CPOレーベルに続編の録音がある)。

最高傑作は、やはりS.R.117のソナタであろう。次いでS.R.21と106か。一般的に有名なのはS.R.24,84,90あたりである。

ピアノ音楽の源流探索2017~チマローザとクレメンティ

チマローザ(1749-1801)

・楽譜:関孝弘さん校訂によるソナタ全集が全音から出ている(上下2冊)。

・音源:同じく関孝弘さんのピアノによるソナタ全集と、スグリッツィのフォルテピアノによる選集を、私は交互に聴いている。

ソナタ27番(変ロ長調)が有名だが、ほかにもすぐれた作品が多い。約半数のソナタが、前後の作品で多楽章構成が意図されている可能性が研究されていて、例えば27番は26番とペアになっている。しかし、個人的にはあまり気にせず、好きな作品だけ単独で切り出せばよいと思う。

 

クレメンティ(1752-1832)

譜読みリストを構想した当初、クレメンティソナタホロヴィッツRCAにモノラル録音した3曲だけ聴いており、特に読みたいと思っていなかった(クレメンティの志向した音楽は後にベートーヴェンによって完成されており、ベートーヴェンソナタがあれば十分と思っていた)。

しかし、そんな私のクレメンティ感を激震させるような録音に、ほんの2週間前に出会った。それは、シュタイアーがブロードウッドで弾いたソナタ集の演奏である。この録音の成功の要因はやはり、クレメンティが想定したものにかなり近い楽器を弾いている事と、シュタイアーの和声感の見事さだと思う。

現代楽器で弾いた時に、この味わいがどの程度再現できるのか疑問に思っているのだが、短調の有名な3曲(op.13-6、26-2、34-2)は読んでみたいと思っている。

ピアノ音楽の源流探索2017~ガルッピとパラディエス

ガルッピ(1706-1785)

・楽譜:関孝弘さんの校訂されたソナタ選集が全音から出版されている。

・音源:ミケランジェリによるハ長調ソナタの録音(Decca)が有名。ピアノでのまとまった録音は、前述の関孝弘さんが校訂版の曲を弾いた2枚組がある。

いちばん有名なハ長調ソナタがやはり名作で、私はこれ1曲で満足である。他の作品は相当に見劣りして聴こえてしまうのだが、強いてもう1曲挙げれるなら、2楽章構成の変ロ長調ソナタだろうか…。

 

パラディエス(1707-1791)

12のソナタ集が大変優れた労作。

・楽譜(IMSLP)

http://imslp.org/wiki/12_Harpsichord_Sonatas_(Paradies%2C_Pietro_Domenico)

・音源:フナロ(フューナロ?)というチェンバリストによる全集が、Centaurから出ている。

ソナタ6番のトッカータだけは有名で歴史的ピアニストによる録音が多数存在する。B.マルチェロより後に取り上げた一連の作曲者によるソナタ集の中で、最も聴きごたえがある。これは全曲読んでみたい。

ピアノ音楽の源流探索2017~プラッティとペシェッティ

プラッティ(1697-1763)

・楽譜(IMSLP)

ソナタ集op.1:

http://imslp.org/wiki/6_Harpsichord_Sonatas_'sur_le_go%C3%BBt_italien'%2C_Op.1_(Platti%2C_Giovanni_Benedetto)

ソナタ集op.4:

http://imslp.org/wiki/6_Harpsichord_Sonatas%2C_Op.4_(Platti%2C_Giovanni_Benedetto)

・音源:ラヴィッツァというチェンバリストが18曲のソナタ集をCONCERTOレーベルに残している。

後に続くイタリア・バロックの作曲家のソナタ集と比較すると、曲の構造が単調な印象を受ける。だが、それでもop.4-2は良い作品だと思う。同曲にはいくつかの異稿があるようで、ツグリッツィは前奏曲付きの版で演奏している。

 

ペシェッティ(1704-1766)

1739年にロンドンで出版されたソナタ集がある。

・楽譜(IMSLP):ロンドンで出版時の楽譜のコピーだが、まあまあ問題なく読める。

http://imslp.org/wiki/10_Harpsichord_Sonatas_(Pescetti%2C_Giovanni_Battista)

・音源:プラッティに引き続きラヴィッツァが10曲中9曲までをCONCERTOレーベルに残している。

まずはソナタ5番が名作。プラッティに比べると曲のつくりが凝っており、ほかの作品も幾つか譜読みしてみたい。

ピアノ音楽の源流探索2017~B.マルチェロとツィポリ

B.マルチェロ(1686-1739)

op.3のソナタが素晴らしい。後に続くイタリア・バロックの作曲家による家庭用サイズのソナタと比べた時、B.マルチェロの作品だけは型破りで、チェンバロという枠に良くも悪くも収まりきっておらず、しかも豊かな音楽を感じる。

・楽譜(IMSLP):ソナタ7番だけは、ちゃんとした楽譜に起こされている。

http://imslp.org/wiki/Harpsichord_Sonata_in_A_minor,_SF_740_(Marcello,_Benedetto)

残りは手稿がアップロードされているのみで、読むのには骨が折れる。

・音源:バケッティがピアノで演奏した盤がRCAにある。他にロレッジャンによるop.3の全集がchandosにある。

 

ツィポリ(1688-1726)

1722年に出版されたSonate d'Intavolatura per Organo e Cimbaloのオルガンのほうの音楽が未検証だったため、保留。

 

 

ピアノ音楽の源流探索2017~A.スカルラッティ

A.スカルラッティ(1660-1725)

まるでオペラ用の音楽を縮小編曲したかのようなトッカータが面白い。

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/Keyboard_Works_(Scarlatti,_Alessandro)

合計12曲のトッカータがまとまっている。

・音源:

私が保有しているのは、

アレッサンドリーニ盤(チェンバロ

Alessandro Scarlatti: Toccate per Cembalo - Rinaldo Alessandrini | Songs, Reviews, Credits | AllMusic

ワイマン盤vol.1 チェンバロ

https://www.amazon.co.jp/Scarlatti-Keyboard-Works-Complete/dp/B00ICYVI5W/ref=sr_1_5_twi_mus_1?ie=UTF8&qid=1496755824&sr=8-5&keywords=scarlatti+weimann

〃vol.2 オルガン編

https://www.amazon.co.jp/Scarlatti-Complete-Keyboard-Works-Vol/dp/B00ICV5RXE/ref=sr_1_3_twi_mus_2?ie=UTF8&qid=1496755824&sr=8-3&keywords=scarlatti+weimann

楽譜と音盤の対応は

1番(F major):ワイマン盤チェンバロ編トラック8、アレッサンドリーニ盤トラック2

2番(D minor):アレッサンドリーニ盤トラック3

5番(G major):ワイマン盤チェンバロ編トラック4

6番(G major):アレッサンドリーニ盤トラック11

8番(G major):ワイマン盤オルガン編2枚目トラック3

10番(A minor):ワイマン盤オルガン編1枚目トラック4

12番(A major):アレッサンドリーニ盤トラック10

である。

ピアノ音楽の源流探索2017~スグリッツィに敬意を表して

イタリア・バロックの鍵盤音楽にはいる前に、この鍵盤奏者に1ページを割きたい。

スグリッツィは1910年に生まれ、1994年に没したイタリアの演奏家である。ピリオド楽器の開祖レオンハルトが1928年生まれだから相当に昔の人なのだが、ピリオド楽器時代の名チェンバリスト達でさえ手が回らなかったイタリア・バロックの鍵盤音楽に関して、貴重な録音を遺している。

・18世紀ヴェネチアチェンバロ音楽
(プラッティ、ペシェッティ、ガルッピ、B.マルチェロにアルベルティの作品選集)

・パラディエスソナタ選集

・A.スカルラッティトッカータ選集

チマローザソナタ選集

・更に、18世紀イベリアの鍵盤音楽集(ソレール、デ・ネブラのソナタの他、セイシャスを1曲)

これらの音源は、私にとって貴重な道標となった。

私は常々思うのだが、我々が例えばベートーヴェン交響曲を聴いてみようと思ったときに、"運命"とか"合唱"とかがすっと出てくるのは、過去何世紀にも渡って幾人もの音楽家が 人生を掛けてこれらの作品に光を当ててきたからである。

だが、これが例えばB.マルチェロソナタを聴いてみようと思ったときは、真っ白の雪原に放り出されたようなものだ。どの曲から作曲者の世界に入っていけば良いのか、てんで迷ってしまうだろう。

そんな時、我々はこのスグリッツィ盤に"相談"する事ができる。

先達が光を当て続けてきた作曲家の作品に、人生をかけて新たな角度から光を当てるのも演奏家の仕事だ。しかしまた、忘却の淵に瀕した作品に人生を賭して光を当てるのも、演奏家にとって偉大な仕事である。

ピアノ音楽の源流探索2017~フレスコバルディ

フレスコバルディ(1583-1643)

恐らくバッハ以前の最大の鍵盤音楽作曲家。バッハの晩年の作風に少なからぬ影響を落としていると思われ、"西洋音楽の父"の父ブクステフーデに比肩して、"西洋音楽の父"の祖父(!)とでも称されるべき作曲家。クラシック・ピアノ演奏という文化が消滅しなければ、おそらくあと100年もすれば、最低でもスカルラッティ並みには弾かれるようになると思われる。

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/Organ_and_Keyboard_Works_(Frescobaldi,_Girolamo)

このベーレンライターの全集を購入したいのだが、流通事情が悪くて購入できずにいる。

・音源:ロレッジャンがBrilliantレーベルに、歴史的名演と言えるほどの見事な鍵盤作品全集を録音している(ただしトッカータの冒頭に即興演奏などを加えていたりするので、注意して聴く必要がある)。

実は既に譜読みを開始しているのだが、ピアノ弾きが真っ先に読んでみるべきはPartite cento sopra Passacagliで、これは作者の晩年、トッカータ第1集が再版された際に新たに加えられた辞世の句とでもいうべき佳曲。

次に読んでみるのは、有名なトッカータよりも、カプリッチョ(primo libro di Capricci)の方がピアノ向きである気がする(現在譜読み中)。

その次には、カプリッチョと同じような書法で書かれたと思しき7曲のCanzoni。

さて、2編あるトッカータ集は、特にチェンバロ向けに書かれた作品が、楽想の展開がチェンバロに即して書かれ過ぎているように感じられ、これを"ピアノ語"に翻訳するのが相当難しいと感じている。

バッハも所有していたfioli musicaliの中には、独立した曲として取り出して演奏できる規模の作品が幾つか含まれている。

ピアノ音楽の源流探索2017~スヴェーリンクとシャイト

スヴェーリンク(1562-1621)

・楽譜:Doverから鍵盤作品全集が出ている。IMSLPは便利でありがたいのだが、演奏しようとするなら、印刷する手間と整理できずに散らかるリスクを考えると、廉価で出版されているもの(DOVER全音など)は購入してしまった方が良い。

・音源:コープマンがphilipsに全集を録音しているのだが、私はウーリーのChandos盤が好きである(これはオルガンとハープシコードで各1枚の選集)。

譜面づらを見る限りでは、まず有名な半音階的幻想曲(グールドがピアノで録音している)を含む一連のfantasiaが楽曲の展開が凝っている。それに比べるとtoccataは規模が小さく、展開手法もパターン化しているような印象を受ける。聖歌の主題による変奏曲集は、ピアノで弾くと退屈になってしまうかもしれない。世俗音楽の変奏曲では、有名な「我が若き命果てなんとす」による変奏曲の他、ダウランドのlachrimaeによるものがある。

 

シャイト(1587-1654)

タブラチューア・ノヴァが大作。

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/Tabulatura_Nova,_SSWV_102-158_(Scheidt,_Samuel)

・音源:MDGレーベルに、ラムルの全曲録音がある。

第3集のMagnificatが、実は聖歌を主題にした変奏曲集になっているように見え、ひょっとするとピアノで弾いた時、これが一番良いのではないかと思ってしまった。第3集の音源を持っていないため、判断保留(第1集と第2集では、第2集の方が面白そうな印象を受けている)。

 

シャイデマン(1595-1663)

…の作品を考察したいのだが、楽譜がIMSLPにはほとんど公開されていない。

ピアノ音楽の源流探索2017~ギボンズとパーセル

ボンズ(1583-1625)

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/Complete_Keyboard_Works_(Gibbons,_Orlando)

・音源:ピアニストのピエナールが、CD2枚分の作品選集を録音している(Deux-Elles)。他にホグウットの選集がある(explore、原盤はDECCAか??)。

曲種でいうとfsantasiaの規模が大きい(上記リンクの楽譜では、半分くらいはfancyという名前になっている)。次いでpavane and galliardが面白そう(グールドのピアノ録音集にはlord of salisburyのpavane and galliardが入っている)。

 

パーセル(1659-1695)

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/Harpsichord_Music_and_Organ_Music_(Purcell,_Henry)

・音源:チャールストン盤(NAXOS)

8つの組曲が、教育用作品と思われるのだが美しい。ピアノで弾くときに、almandやcorrantのリズムをinegalでとるかどうか、悩みどころ。

 

ピアノ音楽の源流探索2017~はじめに

昨年末に読んでみたい楽譜を試算したところ約12000ページほどあったのだが、そのうちルネッサンスバロック期の作曲家で現在までピアニストによって開拓されていない作曲家(バッハ、スカルラッティヘンデル、ラモー、クープラン以外)の作品が、だいたい1600ページと試算した。

この領域の作品は、私の頭の中に名作マップのようなものが無く、まずそれを作るところから始めねばならないので、近現代の音の多い作品を譜読みするのとは別の意味で難易度が高い。

そこで今回、ざーっと曲聴きをして譜読みしたい作品を洗い出していく。

作品数の予想割り当てはこんな感じだ(この順で聴いていく)。

ルネッサンス・イタリアの作曲家とカベソン…100ページ

・イギリスのヴァージナル音楽の作曲家とパーセル…200ページ

・スヴェーリンクとシャイト…200ページ

・フレスコバルディ…200ページ

・イタリアとスペインのバロック作品…200ページ

・フローベルガー…100ページ

・ブクステフーデ…100ページ

ベーム・ラインケン・パッヘルベルテレマン…100ページ

・バッハの息子たち…100ページ

・フランスのバロック作品集…300ページ

この割り当ては2016年末に当時の音楽観をもとに考えたものであり、今回の曲聴きによって変わる可能性が大いにある。

ピアノ音楽の源流探索2017~フィッツウィリアム・ヴァージナル曲集に登場する著名な作曲家

フィッツウィリアム・ヴァージナル曲集

・楽譜(IMSLP):http://imslp.org/wiki/Fitzwilliam_Virginal_Book_(Various)

 

ブル(1562/3-1628)

手元に2014年ごろにダウンロードした2冊分の作品選集があるのだが、サイトが見つからなかった。

まずchromatic pavane and galliard と fantastic pavane and galliardが作品として大きい。

何作かあるin nomine は7番と9番が、手元の録音集では良く弾かれている。

他に、The king's hunt、spanish pavane 、小品だがduchess of Brunswick's toyとDuke of Brunswick's Alman。

 

ファーナビー(1563-1640)

4部作(?)のfarnaby's dream, his rest, his humour, farnaby's conciet。

 

フィリップス(1560/1-1628)

pavana dolorosa と galliarda dolorosa

ピアノ音楽の源流探索2017~バード(1543-1623)

バード(1543-1623)

(1) ネヴィル夫人の曲集

全作品がバードのもので、有名どころが非常に良くまとまっている。

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/My_Ladye_Nevells_Booke_of_Virginal_Music_(Byrd,_William)

・音源:ホグウッドが全曲録音している(DECCA)

まず曲集の真ん中ほどにまとめられた数曲のpavan and galliardが興味深く、全部読んでみたい。

他に同曲集の中の作品で良く弾かれるものは、

・my lady nevell's ground

・ut re mi fa sol ra

・all in a garden greene

・hughe ashtons ground(グールドがピアノで録音している)

・voluntary  for my lady nevell(〃)

・sellingers round(〃)

あたりだろう。

 

(2) フィッツウィリアム・ヴァージナル曲集

バードの作品も多数収録。曲が多すぎて探すのに骨が折れる。ネヴィル夫人の曲集と結構被る曲がある。

・楽譜(IMSLP):

http://imslp.org/wiki/Fitzwilliam_Virginal_Book_(Various)

・音源:ホグウット(DECCA)の選集が、手元の日本盤では曲の通し番号がついており探しやすい。他にソウター(The GIFT of Music)、マーヴィル(aeon)など(何れも選集)

重複していない作品でよく聴かれるのは、

ダウランドのLachrymae編曲

・Fantasia2番

・John come kisse me now

・Ph.tregian pavana and galliard

など。

ピアノ音楽の源流探索2017~ルネッサンス・イタリアの諸作曲家とカベソン(1510-1566)

ルネッサンス・イタリアの鍵盤音楽

メルーロ(1533-1604)のtoccataあたりから聴き出したのだが、ルネッサンス・イタリアの鍵盤音楽をピアノで弾こうとした場合、面白いのはむしろ対位法を駆使したricercarであるという考えに取りつかれた。

最近発売された、A.ガブリエリ(1510-1586)の鍵盤音楽全集を未入手のため、一旦休止。

 

カベソン(1510-1566)

・楽譜(IMSLP):http://imslp.org/wiki/Keyboard_Music_(Cabez%C3%B3n,_Antonio_de)

・音源:グレン・ウィルソン盤(NAXOS

Obras de Musica に含まれる、それぞれ数曲あるtientoとdiferenciasが興味深く、弾いてみたい候補である。最も有名な「騎士の歌による変奏曲」がこの中に含まれる(diferencias sobre el canto llano del Caballero)。