メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

2016-03-07から1日間の記事一覧

コロリオフのベートーヴェン:ソナタ28,29番

ソナタ28番は後期三大ソナタと同様のスタイルによる佳演なのだが、ハンマークラヴィーアの演奏は、好悪を分けると思った。 それはやはり作品が、ハンマークラヴィーアでは大袈裟なベートーヴェンがいまだ健在で、それを静的なものにし過ぎてしまっていると思…

コロリオフのベートーヴェン:ソナタ30-32番

あまり期待せずに買ったのだが、大変な佳演だった。これまで私の中でコロリオフは(ちょうどフェルツマンと同じように)バッハ奏者のイメージが強かったのだが、このピアニストの重要な一面を取り落としていた事を思い知らされた。 このベートーヴェンの面白…