メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

あるピアノ愛好家が人生で出会ったもの・考えたこと

2017-03-18から1日間の記事一覧

ボロフスキーの1953年パリ・ライヴ(melo)

念願かなって(あるいは、ネット試聴できないCDなので清水の舞台から飛び降りるつもりで)アレクサンダー・ボロフスキー(1889-1968)を初めて聴いた。 予想だにしていなかったピアニズムが聴こえてきて、思わず笑ってしまった。 ロシアのピアニストで言えば、…