読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

その他

話題のピアニスト

最近巷で話題沸騰の反田恭平さんの演奏を、これまで聴いた事が無かったのだが、リストのソロ作品集のCDをAmazonで試聴してみて驚いた。 ロシア帰りという事だったので、バリバリの現代奏法で弾く若手ピアニストの姿を想像していたのだが、試聴した限りでは、…

永遠的なものの継承様式3

(続き) (14) 内田先生の師弟関係の話の戻ろう。師が弟子の前で示す技芸や知見は、師に課された制約条件(これは、肉体的な条件であったり、文化的な背景であったり、色々と考えられる)のもとで、そういったものを超越する何かを表出しようとするために取…

ゾルタン・コチシュの訃報

急な話を受けて、心底驚いた。64歳、あまりにも早すぎる死である。 個人的には、この世代で最もメカニックの安定度が高く(ただし、その分音色の魅力が少ない)、そしてその事を微塵も感じさせないほど知性的な音楽をする奏者という印象だった。 思い出深い…

最近出会ったblog

ピアノ漂流記 超絶技巧への迷走(http://pf-world.cocolog-nifty.com/blog/)というblogを見つけ、1週間くらいかけて全部読んだ。 著者のしんさんが罹っている右手の病気が、まるで過去の私の事が書かれているようで、驚いてしまった。 「左手は弾けるのに、…

ハイフィンガー奏法

ハイフィンガー奏法で基礎練をやると、DIP,PIPの伸筋が、より鍛えられる。 重力奏法(重量奏法)こそが正しい奏法!みたいな記事を結構見かけるが、この二つは2項対立すべきものではなくて、作品によって使い分けるものだと思う。 私自身の体験談として、こ…

秋葉原の石丸電気の思い出

熱にうなされながら、いろんな夢を見たのだが、そのひとつが、秋葉原の石丸電気でCDを漁る夢だった。 AmazonやHMVオンラインなどのネットショップが台頭する前、私が大学生の頃までは、CDはもっぱら石丸電気で買っており、長期休みには必ず秋葉原に買い出し…