メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

あるピアノ愛好家が人生で出会ったもの・考えたこと

今日聴いたCD

ケナーのショパン・レゾナンス(DUX)

PCがクラッシュして乗り換えて以来、なぜだか分からないがCDを聴きこむ趣味が復活して、積読してあったのを色々と聴いている。 本盤はショパン弾きのケナーがポーランドのDUXレーベルに録音した意欲作で、曲の半分はショパンの影響を受けた作品、残り半分が…

熊本マリさんの弾く奥村一:日本民謡ピアノ曲集(DENON)

以前どこかで書いたかもしれないが、私はト音記号とへ音記号と各種音符の高さと長さが分かるという意味では楽譜が読めるのだが、聴いた事のない曲の楽譜を渡されてどんな曲か判るかどうかという意味では楽譜が読めない。 そんなわけで、大学生の頃、チェルカ…

ヴラディゲロフのシュメンop.29を聴いて考え込んでしまった

ギレリスが若い頃(1950年)に抜粋で録音したのを聴いて以来、とても気になっていた曲集だったのだが、今回ドイツのANTESというレーベルにPopovというピアニストが全曲を録音しているのを見つけて買ってみた。 しかし私は、この全曲演奏を聴きながら、"最初…

パデレフスキの1937,38年HMV録音集(APR)

これまでパデレフスキの復刻盤でまとまったものと言えば、Pearlレーベルの全5枚だった。だから、APRから同曲異演が更に網羅的に復刻されたシリーズが発売されるという知らせを聞いた時、買い替えるかどうか真剣に悩んだ。そこで試しにこの最晩年の録音集を買…

ルデンコのカプースチン:ソナタ9番

譜読みするかどうか微妙な作品といえば、このソナタ9番だ。 一昨年末に譜読み計画を立てた中に入っていたカプースチンの傑作群(練習曲op.40と変奏曲とソナタ1,2,6番)がもうすぐ読み終わりそうで、追加でこのソナタを読むかどうかを、真剣に考え中である。 …

ミニョーネ夫人の弾くミニョーネ:12の街角のワルツ他(ALM Record)

ミニョーネの代表作と思しきこのワルツ集を、CDを買ってきて初めて体系的に聴いた。 ここから先、楽譜を買ってきて譜読みしてみたいか?といえば、 「ビミョーね」 と答えるしかない…。 この作品は大変難しい。私見では、楽譜をそのまま音にしただけでは音楽…

バックハウスの1955年10月録音のモーツァルト:ソナタ集

以前の記事で書いた(http://taikichan.hatenablog.com/entry/2018/01/05/230028)輸入盤をようやく入手して聴く事ができたのだが、見事にステレオ録音であった。 バックハウスの場合は、例えばギーゼキングと比べると、その芸風の違いから録音の古さは聴い…

アルハンブラ宮殿のギーゼキング(rtve Musica)

新たなライヴ録音が発掘されると、既出盤と曲目がかぶっていようが、入手を検討するために必ず試聴チェックする歴史的ピアニストが二人いる。ひとりはスタジオ録音との落差が大きすぎのルービンシュタイン。もうひとりは、少しでも良い音質で聴いてみたいギ…

ロレッジャンのフレスコバルディ:トッカータ第1集(Brilliant Classics)

引き続き第1集を聴いた。 1637年に第3版が出版されたときに追加されたのはPartie cento sopra Passacagliだけだと思い違いをしていたが、実は以下の曲全てがそうである。 ・3つあるBalletto:実は曲中に登場するPassacagliでPartie cento~と同じ主題が使用さ…

ロレッジャンのフレスコバルディ:トッカータ第2集(Brilliant Classics)

曲聴きの時間がとれたため、フレスコバルディのトッカータ第2集をロレッジャンの演奏でざっと俯瞰した。〇印はピアノで弾くに値すると思った曲。 ・Toccata(5,6番のみ〇):5番と6番が書法的に1対の優れた作品(5番のほうが有名だが)。 ・6曲のCanzona(〇…

ブリッツィのツィポリ:鍵盤音楽全集(カメラータ・トウキョウ)

オルガン向けに書かれた第1集を聴きたくて何気なく購入したCDだったのだが、ブリッツィの弾くクラヴィオルガンという楽器の面白さにはまってしまった。 このクラヴィオルガンというのは、写真で見る感じでは、小型のリードオルガンの上にハープシコードを乗…

テレマンの鍵盤作品集(ロレッジャン)Briliant Classics

TWV.30:21-26のフーガ集を聴きたくて購入した。 この6曲のフーガは、フーガに続く複数の小曲から構成された組曲もしくはバロック・ソナタのような形態をしており、譜面を見た限りでは、ひょっとしてテレマンの鍵盤音楽中の最高傑作ではないか!?と直感した…

シャイトのタブラチューア・ノヴァ第3集(ラムル)MD+G

保留にしていたシャイトのタブラチューア・ノヴァ第3集を聴いた。 結論から言うと、タブラチューア・ノヴァの中で私が最もピアノで弾いてみたいのは、第3集中に数曲あるマニフィカトおよびイムヌスの第1versusである。 これら2つの楽曲は、まず第1versusで主…

トリオ・カンパネッラによるアルベニス:イベリア(ギター三重奏版)(NAXOS)

去年の12月末から、本を読む感覚で、興味あるピアノ曲の譜読みを始めた。少しでも若さがあるうちにと、いちばん譜読みが難しそうな作品から始めたのだが、最も苦戦したのはアルベニスのラバピエスとレーガーのバッハ変奏曲であった(幾つかの現代音楽はこれ…

The Glory of BYZANTIUM(JADE)

まだ大学生だった頃、ムソルグスキーの『展覧会の絵』が、好きではなかった。まずプロムナードのテ-マの繰り返しがしつこく、曲全体をながめても、他のロマン派作曲家の連作と比べて長調と短調の対比バランスも取れていないし…。 しかし、そんな私に訪れた…

中村天平さんの自作自演集 天平 Tempei (Beth Records)

現存する最も若い作曲家で、その作品を弾いてみたいと思うのは、Tempeiこと中村天平さんである(この人の音楽は、今のところクラシックという分類らしい…)。 この盤と出会ったのは、確か2005年ごろ。 当時千葉県に住んでいたのだが、年に数回ほど都内にCD物…

オイストラフ&オボーリンのベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ「春」「クロイツェル」

1920年以前生まれの、色とりどりの名ピアニスト群の録音を入手するときに、モノラル録音(SPへの録音ではなく、1950年代頃の)を避けたいタイプのピアニストが2種類いる。ひとつめは、ホロヴィッツやチェルカスキーなどの「音色の魔術師」、もうひとつが下…