メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

今日聴いたCD

ヨッフェのショパン:ソナタ3番他(プロアルテムジケ)

人が"クラシック・オタク"と呼ばれるまでになるとき、先ず作曲家で聴いて、次に演奏家で聴く(そして更に、自身で演奏を試みる!?)という道を辿るらしい。 私の場合も、これは中学生頃なのだが、まずショパンの独奏曲を集め出し、その時に買った中にヨッフ…

フレージャーのショパン:ピアノ作品集(TELARC)

最近疑問に思っていたことのひとつは、このTELARCレーベルにピアノソロを入れる奏者がおしなべて下部雑音の発生を禁忌するような弾き方に聴こえる事で、ひょっとしてTELARCの特殊なマイクセッティングによる可能性を考えていた。しかし、ようやくここにきて…

ゴルノスターエワのショパン:ソナタ集(REVERATION)

教育者として夙に有名なゴルノスターエワのピアノを初めて聴いたのだが、大変に面白かった。 1929年生まれの奏者で、世代でいうとソ連の戦車ピアニズムの全盛期である。実際ここに聴かれる強奏時の轟音の素晴らしさは完全にソ連のピアニストのものなのだが、…

The Glory of BYZANTIUM(JADE)

まだ大学生だった頃、ムソルグスキーの『展覧会の絵』が、好きではなかった。まずプロムナードのテ-マの繰り返しがしつこく、曲全体をながめても、他のロマン派作曲家の連作と比べて長調と短調の対比バランスも取れていないし…。 しかし、そんな私に訪れた…

中村天平さんの自作自演集 天平 Tempei (Beth Records)

現存する最も若い作曲家で、その作品を弾いてみたいと思うのは、Tempeiこと中村天平さんである(この人の音楽は、今のところクラシックという分類らしい…)。 この盤と出会ったのは、確か2005年ごろ。 当時千葉県に住んでいたのだが、年に数回ほど都内にCD物…

ソコロフのベートーヴェン:ソナタop.106旧録音(eurodisc)

1975年録音のこの旧盤がやっと手元に届き、ソコロフの演奏の変化をようやく聴き比べることができた。 結論として、DGへの新録音は、やはり奏者の年齢相応に音楽が淡泊になっている。良く言えばベートーヴェンの古典性を大事にした演奏といえようか。 一方、…

ブーニンの20周年記念コンサート・ライヴ(EMI)

レコード会社がEMIになってからのブーニンは、ショパンのエチュード集とバラード集しか持っていないのだが、この盤が図書館にあったので聴いてみた。 印象としては、他のEMI期の録音と同様、音が(ついでにペダルノイズも)不必要に大きくなった結果、かつて…

デル・プエヨのベートーヴェン:ソナタ全集(PAVANE)

Amazon.frで売られていたのを見つけた時、購入するかどうか正直迷ったのだが、このタイミングで買わないと入手できなくなる気がして、半ば衝動買いしてしまった。 既に2枚組の選集を聴いていたのだが、この全集を耳にして、この演奏の優れているところを改め…

オイストラフ&オボーリンのベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ「春」「クロイツェル」

1920年以前生まれの、色とりどりの名ピアニスト群の録音を入手するときに、モノラル録音(SPへの録音ではなく、1950年代頃の)を避けたいタイプのピアニストが2種類いる。ひとつめは、ホロヴィッツやチェルカスキーなどの「音色の魔術師」、もうひとつが下…

ソコロフのベートーヴェン:ソナタop.106他(DG)改訂版

(前からの続き) この最新盤を聴いて前作からの芸風の激変にがっかりした私は、過去のソコロフの録音で持っていないものを買い漁り出した。 最初に手元に届いたのは、91年録音のベートーヴェン:ソナタop.7と101他であった。 ここにいつものソコロフを見出…

ハイドシェックのバッハ:平均律第2集より(Polymnie)

平均律第2集5番の譜読みを始めようとしたまさに直前に、トラック1にこの曲が収録された本盤が届くとは、何という巡り合わせだろう!Amazon.frでひっそりと売られていたこのCDは、ハイドシェックの最新録音で、平均律第2集から12曲が自由な順番で配置されて…

ソコロフのベートーヴェン:ソナタop.106他(DG)

(ここに書いた内容は、読んで貰った方には申し訳ないが、その後に聴き直して、考えを一切改めた。改訂版 http://taikichan.hatenablog.com/entry/2017/02/02/001852) 今年、ショックを受けたCD第1弾。 CD2のハンマークラヴィーアから聴き出したのだが、こ…

スクリャービンとスクリャビニスト(SAISON RUSSE)

有名なop.8-12を含む小品8曲が作曲家自身の演奏で残されており、大変明瞭な録音でソフロニツキーにそっくりの呪術的ピアニズムを堪能することができる(正しい順序でいうと、娘婿であり伝道師のソフロニツキーが作曲者にそっくりというべき)。 この録音には…

ブラームス:recaptured by pupil & colleagues (Arbiter)

邦語訳すると「音楽仲間と弟子たちの回想と演奏によって再体験するブラームス」だろうか。CD2枚組のうち1枚分くらいがインタビューやレッスン時の録音の切れっぱしで、雑多な印象を受ける。 本CDの目玉であるブラームスの録音(シュトラウスのテーマによる即…

花岡さんのチェレプニン・コレクション・ピアノ曲集(bellwood record)

田所さんのお薦め曲を聴いてみる(3) このCDはチェレプニンのピアノ曲集ではなく、チェレプニンが紹介した当時の日本人作曲家のピアノ曲集。目当ては伊福部昭のピアノ組曲であった。 伊福部昭のことは、ゴジラの音楽を作った人くらいの知識しかなかったが、こ…

ラヴァルのシャミナード:ピアノ作品集(EMI)

田所さんのお薦め曲を聴いてみる編(2) 図書館でたまたま有ったため、聴いてみた。収録中の半分はソナタop.21、残りはop.35を中心とした小品集で構成されている。 作風は、wikipediaで述べられている「シャブリエとプーランクをつなぐ(中間に位置する)」と…

ホフマンのモシュコフスキー:スペイン奇想曲他(VAI)

田所さんのお薦め曲を聴いてみる編(1) 私のささやかなコレクションは、作曲家別ではCDをあまり持っておらず、このスペイン奇想曲を誰かが弾いていないか探し出すのに苦労した。 ホフマンは私の所有する限りでも、この1916年スタジオ録音と、1937年のゴールデ…

ラヴェルの音楽の通奏低音

ラ・ヴァルスのピアノ独奏版とオーケストラ版を聴き比べしていて、漠然と浮かんだ。 ❝かつては存在していた。今はもうない。❞ 思い浮かんだ後に、これは「死」の類似概念で、(ショパンと同様に)すべての作品で、ある種の死にまつわる何かを書いたのではな…

ラローチャのラヴェル:高貴で感傷的なワルツ、ソナチネ(RCA)

ラローチャの録音を整理していて、そういえば晩年RCAにラヴェルの独奏曲をCD半分ほど入れていたのを思いだした。 たまたま図書館にあったため聴いてみたのだか、思いのほか素晴らしく、私の聴いたかぎりでは非スペイン物の録音のなかで最高傑作だと思った。…

オルティズのヴィラ=ロボス:シクロ・ブラジリエロ他(Decca)

私のささやかなコレクションにて所有しているもう一枚。オルティズの演奏は前述のモレイラ=リマのものとは対照的に早めのテンポと鋭いリズムで弾ききっている。この演奏スタイルゆえに併録のブラジル風バッハでは物足りなく感じる時があるのだが、シクロ・…

モレイラ=リマのヴィラ=ロボス:シクロ・ブラジリエロ他(AZUR MUSIC)

ここ数日、ヴィラ=ロボスのシクロ・ブラジリエロを聴き直している。このピアノ曲は、最高傑作のブラジル風バッハ4番と比較すると楽想の展開力が弱く、あたかもカデンツァを横につなげたような造りになっている。 モレイラ=リマのこの一連のヴィラ=ロボス…

セレブリャコフのラフマニノフ:小品集(MANCHESTER)

(続き) 2枚目は、op.3の幻想小曲集、楽興の時、前奏曲集と音の絵から各数曲が、録音状態もまちまちに寄せ集められたラフマニノフ集。私がこの奏者の再現芸術家としての力量を決定的に確信したのは、こちらのCDであった。ヴィルトゥオーゾ作品での闊達さも…

セレブリャコフのショパン:葬送ソナタ他(MANCHESTER)

今年最大の発見は、このパーヴェル・セレブリャコフを初めて聴けた事であった。1枚目は、ベートーヴェンの熱情、ショパンの葬送ソナタにラフマニノフの2番ソナタというカップリング。見るからに強面のジャケット写真から、元祖の重戦車ピアニストではないか…

オスカー・ピーターソン:We Get Requests(Verve)

通常の音量(mpとmfの間の音量)を要求される急速なパッセージを、ノンペダルで弾いて尚且つ整った粒立ちの音を聴いた時、昔から「このピアニストは奏法の完成度が高い」と感じていた。 これがどうも、いわゆる合理的な脱力奏法を発展させた、鍵盤の底への衝…

プロコフィエフ:自作自演集(Naxos)

プロコフィエフに関する最大の誤解は(ひょっとすると誤解しているのは私のような世代だけかもしれないが)、その主要なピアノ作品が世界的に認知された時代が、ソ連の重戦車ピアニズム全盛期と重なってしまい、そういう弾かれ方をした録音が代表的な演奏に…

アファナシエフのモーツァルト:ソナタK.310,330,331(Sony)

アファナシエフは、K.310のソナタを前アルバムのK.457と同じくらいに我々にとって異形なものとして造形した。そしてK.330と331は、我々の知るものからそう遠くない位置に置いた。 つまるところ、このピアニストは自分の特異な芸風を誇示するために作品を利用…

ジョン・キムラ・パーカーのショパン:ピアノ作品集(Telarc)

今年初めて録音を聴いたピアニストの中でも最大の発見のひとり。キムラ・パーカーは1959年生まれというが、1979年生まれですと紹介されて聴いても全く違和感がないほど最新のピアノ奏法でショパンを弾いている。それは鍵盤の底への衝突を極力回避したピアノ…

E.フィッシャーのブラームス:op.21-1他(Music&Arts)

ブラームスのピアノ独奏曲でいちばん好きな作品は?と聞かれたら、現在の私はこのop.21-1の変奏曲と答える。後期ベートーヴェンの前に頭を下げて心から敬服している若きブラームス像が大好きなのだ(根っからのブラームスファンにとっては邪道かもしれない)…

ゲルナーのリスト:ソナタ他(CASCAVELLE)

リストのソナタを聴いて、最初の数分、近年でも出色の演奏に出会ったと思った。やがて、フォルテを弾いている時の音の鳴り方が妙なのが気になりだす。打鍵後に音が減衰するどころか、若干増加しているような…よほど特殊な残響のホールで採られたのかな!?や…

ジャニスのムソルグスキー:展覧会の絵(マーキュリー)

演奏は1958年のRCA盤と甲乙つけがたく、むしろ音の取られ方の違いのほうに注意が行ってしまう。 ジャニスは鍵盤のそこまでしっかり打ち込んだ強靭なタッチをする人だ(下部雑音=楽音という考え方だ)。私の耳にはマーキュリーの録音のほうが下部雑音を明確…