メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

ティリモのドビュッシー:練習曲集

【CDコレクションの未解決問題 No.10】

前々からエマール盤と似ているという印象を持っていたが、聴き直してみてやっぱり似ている。指まわりを前面に出さないが質実剛健な技巧と、奇を衒わない音楽性、強奏した時の音の豊かさ。ティリモのほうが若干アフェクトが大きく、独墺系の作品を弾いてきた奏者がドビュッシーを大事に弾いているといった感じ(エマールの場合は独墺系にも適性を示すフランスの奏者という感じ)。

やはり、ドビュッシーの続編よりも、ヤナーチェクのCDを聴いてみたいと思った。

 Amazon.co.jp: C. Debussy : Etudes/Estampes - 音楽