読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

リヒテルのシューベルト:ソナタD.845,850(Melodiya)

国内盤のK2レーザー・カッティング盤を持っていたが、インターナショナル盤のNoNoiseリマスターを追加購入した。

BMGのNoNoiseリマスターをいくつかの録音で聴いて、疑似ステレオ的な音の広がりが気に入っていた。

この盤も、K2レーザー・カッティングはフォルテの音の強度が強く、NoNoiseリマスターは音に広がりが感じられる(私の好みはやはり後者)。

しかし、買い替えるほどではなかったかな…。

シューベルトのD.845とD.850のソナタは昔から苦手にしている。ケンプで聴いてリヒテルで聴いてダメなのだから、仕方がない。

しかし最近、D.850の2楽章が、ちょっと気になっている。