読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

シベリウスの後期交響曲

昨夜から、少し聴き返している。

以前からカラヤン&ベルリンフィルで聴く6番が大好きだったが、今回ベルグルンドの新しい全集で5番や7番を聴き直してみて、良い印象を持った。

ここ最近、私は指のメカニックが若干なりとも向上した事にともない「ピアノ弾き」すぎると思った。

これらのCDを初めて買ったころは(10年前くらいだ)、もう少しおおらかに音楽全体をながめていた気がする…。