メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

息子のクレヨンの絵本を読みながら…

(1) 息子の持っている12色入りのクレヨンを”リアル_クレヨン_セット”と名前を付けたとする。

(2) 12色の中から、黄色、マゼンダ、シアンを抜いた9色を、”シュワルツ_クレヨン_セット”と名前をつけたらどうだろう?

(3) ”シュワルツ_クレヨン_セット”の任意の色は、足し合わせて作ることができる。黄色+シアン=緑色 というように。

(4) 実は、緑色+○○色=黄色 というふうに、足し合わせて黄色をつくれる「超色」のクレヨンが、存在しないけれど存在する。

(5) 12色の”リアル_クレヨン_セット”に「超色」のクレヨンを加えたセットを"超_クレヨン_セット”と名前をつけたらどうだろう?

(6) これらの3つのクレヨンセットを"ゲルファントの3つのクレヨン組"と呼んだらどうだろう???

(7) …クレヨンにある黒色(black)のことを全く考えていなかった。黒ってそもそも色だろうか?

(8) Black exit ⇒ Blexit(ブレグジット)!

くれよんのくろくん