読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

オルティズのヴィラ=ロボス:シクロ・ブラジリエロ他(Decca)

今日聴いたCD

私のささやかなコレクションにて所有しているもう一枚。

オルティズの演奏は前述のモレイラ=リマのものとは対照的に早めのテンポと鋭いリズムで弾ききっている。この演奏スタイルゆえに併録のブラジル風バッハでは物足りなく感じる時があるのだが、シクロ・ブラジリエロに関しては曲の冗長さがキリっと引き締まって感じる。

特に、曲中でも一番弱い「田植え」の演奏が(モレイラ=リマとの比較では)秀逸で、このくらいのテンポで弾いたほうが左手の旋律(と言うか和音の進行)を良く感じる事ができる。