読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

ホフマンのモシュコフスキー:スペイン奇想曲他(VAI)

今日聴いたCD

田所さんのお薦め曲を聴いてみる編(1)

 

私のささやかなコレクションは、作曲家別ではCDをあまり持っておらず、このスペイン奇想曲を誰かが弾いていないか探し出すのに苦労した。

ホフマンは私の所有する限りでも、この1916年スタジオ録音と、1937年のゴールデンジュビリーコンサートのアンコール(恐らく)で弾いていて、後者のライヴは全体としてホフマンの調子があまり良くない。

この1916年録音は、シリンダー盤からの復刻とは思えないほど音質が良く、現代の世界的ヴィルトゥオーゾと比較しても全く遜色がない達者な演奏を聴くことができる。

私の聴いた感じでは、作品の出来栄えをアルベニスの諸作品と並べてみると、

組曲スペイン≒スペイン組曲<スペインの歌≒このスペイン奇想曲<ラ・ベーガ≦イベリア≒ナヴァラ≒アスレホス

と、現時点ではこのくらいに感じている。