読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

ラヴァルのシャミナード:ピアノ作品集(EMI)

今日聴いたCD

田所さんのお薦め曲を聴いてみる編(2)

 

図書館でたまたま有ったため、聴いてみた。収録中の半分はソナタop.21、残りはop.35を中心とした小品集で構成されている。

作風は、wikipediaで述べられている「シャブリエプーランクをつなぐ(中間に位置する)」というのが一番しっくりくる。結構他にも録音が出ているようなので、色々聴き比べてみたら、弾いてみたいと思うのが1曲くらい見つかるかもしれない。

ラヴァルのピアノは、初めて聴いたのだが、この曲集に全く相応しい洗練されたフレンチ・ピアニズムの奏者だと思った(もっとも、往年の仏EMIがサル・ワグラムで録音すると、多かれ少なかれ皆こんな感じになるかもしれない…)。