読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

シャンドール・ピアノ教本(シャンドール)(2)

(続き)
2番目に良かった事は、私が何となくやっている最強音を弾くための方法:弾きたい音の上に指をのせて、筋肉の瞬発力と腕のしなりを使って鍵盤を押すやり方が、ピアノを弾くときの5つの基本動作のひとつとして「突き」と命名されて解説されていたことだ。やはりこのやり方は有りだったのだ!
因みにもうひとつの最強音をだすやり方として、手の落下による打鍵も解説されているが、こちらは結果的にそうなってしまう速いオクターブ以外は意識して使った事がない。

逆に期待していて残念だったのは、下部雑音の話と、打鍵の深さの話が出てこない事だ(ただし、鍵盤に無駄に圧力を加えるなとは書いてある)。