読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

鈴木智博さんのライナーノーツ

「サバテール」という名前と、いったいどこで巡り合ったのか気になって昔の書籍を色々と見返しているうちに、ひょっとすると新星堂「アルフレッド・コルトーの遺産」シリーズの解説書ではないかと思い至った。確か何巻かの解説に、購入当時ほとんど知らなかったピアニストの名前が列挙された個所があったのを思い出したのだ。

それは、vol.6のシューマン集Ⅰの解説書で、鈴木智博さんというコルトーの研究者もしくはレコード・コレクターの方が執筆されたものである。

残念ながらサバテールの名前はなかったが、コルトーの教育者としての功績をたたえた文章で、代表的な弟子としてこれだけの名前が挙がっている。タリアフェロ、ルフェビュール、ギューラー(比較すべきピアニストとして更にセルヴァの名前が加えられる)、ハスキル、メイエル、カゼッラ、マルケヴィチ、レヴィ、ソロモン、リパッティ、フランソワ、チアーニ、ペルルミュテル、ハイドシェック。当時まだ駆け出しだった私にとっては半分以上が初めて聴く名前で、嬉々として聴いてみたいピアニストの名前リストに加えたのが、まるでついこの間のように思い出される。

それから20年以上経ち、私も当時よりは多少ものを知るようになったのだが、この機会に鈴木さんのライナーノーツを読み返して、その造詣の深さに改めて感服してしまった。鈴木さんは遺産シリーズのVol.6以降のライナーを書かれているようなのだが(私は"遺産"を全巻は持っていない)、今回読み直して勉強させて頂いたのは、vol.7のシューマン集Ⅱ、コルトー以前のシューマン弾きを紹介するくだりである。

・まずクララ・シューマンの弟子筋でファニー・デイヴィスとアデリーナ・デ・ララ(私は全く聴いた事が無い。確かPearlレーベルにクララ・シューマンの弟子たちという箱ものセットが有った筈である)。

・シンギング・アプローチ・トゥ・ザ・ピアノと呼ばれたカール・フリードベルク(ここに名前が書かれているとは一切気づかなかった。この呼称は知らなかった!)

・ゴドフスキーとホフマン(この二人はいろいろ復刻されている)

・エテルカ・フロイント(これも、ここに記載があるとは思わなかった)には、実はV.フリーダという偽名で「幻想曲」の録音がある!

…などなど、現在の私でさえ足元にも及ばない。おそらく先日に本を読んだ佐藤泰一さんに比肩するくらいのマニアの方なのであろう。

ところが、この方の事をネットやAmazonで検索しても、まとまった情報が一切出てこず、出版活動などはされていないようであった。

そこで、頂いた"贈り物"と個人的な思い出を、細やかながらここに記そうと思った次第である。