メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

ピアノ音楽の源流探索2017~ボワモルティエとロワイエ

ボワモルティエ(1689-1755)

小振りな4つの組曲がある。

・楽譜(IMSLP):http://imslp.org/wiki/Pi%C3%A8ces_de_clavecin,_Op.59_(Boismortier,_Joseph_Bodin_de)

・音源:インマゼールがデュフリを弾いたCDに、抱き合わせでブーレイというチェンバリストが第1組曲を弾いた演奏が入っていて、恐らくモダン・チェンバロを弾いている古い録音なのだが、気に入っている(モダン・チェンバロだからという理由で古い録音が敬遠されるのは良くない風潮だと思う)。

 

ロワイエ(1705-1755)

組曲がひとつだけ。

・楽譜(IMSLP):http://imslp.org/wiki/Pi%C3%A8ces_de_clavecin_(Royer,_Joseph-Nicolas-Pancrace)

・音源:クリスティとルセが全曲録音している(HMFとambroisie)。