メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

ロレッジャンのフレスコバルディ:トッカータ第1集(Brilliant Classics)

引き続き第1集を聴いた。

1637年に第3版が出版されたときに追加されたのはPartie cento sopra Passacagliだけだと思い違いをしていたが、実は以下の曲全てがそうである。

・3つあるBalletto:実は曲中に登場するPassacagliでPartie cento~と同じ主題が使用されていて、兄弟のような(あるいは前奏曲のような)作品。

・Capriccio Fra Jacopino sopra l'aria di Ruggiero

・Capriccio sopra la Battaglia

・Ballade e Ciacona

・Corrente e Ciaccona

・Capriccio fatto sopra la Pastorale

目下ピアノで練習してみたいと思うのは、Partie cento~のみである(3つのBallettoも気に入るかもしれない)。