メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

私が人生で出会ったもの・考えたこと

視奏と"位置音感"

小学校の時、クラスで一番ピアノが上手だったNちゃんは、先生に頼まれるままに合奏の伴奏を次から次へとこなしていった。
一方の私は、同じく幼稚園の時からレッスンを受けていたのに、こんな事はとても出来ぬ芸当だった。

いったい何がちがっていたのか。

Nちゃんは視奏(楽譜を見ながら弾く)ができたが、当時の私はこれが一切できず、曲をすべて覚えて指を見ながらしか弾けなかったのである。
(歳をとった今、視奏はできるようになったが、逆に暗譜ができなくなってしまった)。

この、指を見ずに楽譜を見ながら弾く場合には、ある音符を見た瞬間にその音の場所に指を持っていく能力、いわゆる"位置音感"のようなものが必要になってくる。

この"位置音感"で音を拾っていく場合、一番楽なのは同じ手のポジションで別の音を弾いていく場合だ。例えばドレミファソの指の配置でアルベルティ・バス:ドソミドと弾く場合。

これに対して、手の拡張などの変位を伴って次の音を掴む場合、例えばドソミドと弾いていた音型がドラファラにかわる場合などは、手のポジション変化が大きいほど難しくなっていく。

いちばん難易度が高いのはオクターヴを超える跳躍を高速に弾く場合で、これは指を見ながら弾かないと正確に弾くのは厳しいように思う。

一方、曲をすべて暗譜して指を見ながら弾いている人は、目で確認した位置に指を持っていく能力が反復強化されるため、この跳躍だけは、視奏の人よりも得意なのではないだろうか。