メメント・モリ、あるいはピアノにかんするエトセトラ

あるピアノ愛好家が人生で出会ったもの・考えたこと

ミスタッチで思い出した事

お聴き頂ければ判るように、弱い音で弾いているときに、音が抜けてしまう事が良くある。

ようは下手なだけなのだが…。(^^;


苦しい言い訳としては、違う音を弾いて濁ってしまったり、あるいは不用意な音量で鳴らしてしまうよりはマシだと思っている。

 

伝えようとするものが明確にあれば、ひとつくらい欠けていても、イメージは喚起される。


つまり、こうだ。


が抜けて

くなってしまっても

きは届く

 

http://stat.ameba.jp/user_images/20091222/14/zingdaijyuji2/06/5c/p/t02200348_0476075410349203024.png

めぞん一刻 - Wikipedia